引っ越し不用品の賢い処分方法

単純に捨てて済む様なもの、引っ越し後まではなくても問題ないもの、あるいは引っ越し後までは廃棄しても問題なく引っ越し先で新しく購入すればよいものは引っ越し前から計画的に捨てていくのが良い。なぜかと言うと、余計な引っ越し荷物を減らせるだけでなく、引っ越し荷物梱包作業中の期間、出来るだけ、家の中に作業の空間を確保しておきたいからです。役所に電話すれば、粗大ごみとして引き取って、廃棄してくれます。ただし、廃棄日は予約しなければいけないので、引っ越しの数か月前から、考えて捨てて行けば良いでしょう。不用品として、捨てるか否かに迷ったら、引っ越し先の間取りから配置を考え、使うか否か、単に飾り状態になるだけか否か等から、不用品とするか、残すかを考えてみるのも良いと思います。例えば、電気製品を始め、日常的に使用しているものを不用品としたい場合、この場合は、引っ越し先で不用品として、廃棄し、引っ越し先で新しいものを購入した方が賢いと思います。そのメリットの1点目は、仮に引っ越しで傷がついたりした場合でも、気にすることはない。2点目は引っ越し先である程度、荷物を配置してから、これ迄とは違った模様替えや引越し先の部屋の色、広さ、インテリアなどに合ったものを購入できるからです。その方が、引っ越し先の新しい家に合った色の製品を購入できることになります。その為には、引っ越し先で購入するお店を引っ越す前に下調べしておくと、行った先でネット接続をしなければ分からないとならないからです。まあ、最近はスマホがあればパソコンはなくても不便ではないという時代になって来たので、ここまで考慮する必要はない人もいるでしょうね。多く捨てなければならないケースは、家の坪面積が広い所から、狭い所へ引っ越しを余技される場合でしょう。当然、これまでの荷物は全部収納できる訳ではなく、引っ越し後直ぐに、効率良い収納ができる訳もなく、段ボール山積み状態で生活する必要が出てくるかも知れません。