川崎市の自分の汚部屋

川崎市に住んでいたことがあるのですがその時に自分の部屋をかなりしっかりとお片付けたということがあります。所謂、汚部屋状態であったのでそれを改善しようと試みたということになります。簡単に言いますとどんどんものを捨てていくということをやって言ったわけですがこれがなかなか気持ちのいい行為でもありました。川崎市はしっかりと行政の粗大ゴミ回収サービスというのをやっていますし、普通の夫婦全回収してくれるわけですから、そういう時にできるだけ多く捨てようとは考えていました。その時に考えたのが大きいゴミを捨てる時には分割をして捨てようということです。分割をすることによって普通ゴミとして捨てることができるようになる粗大ごみも多くあったからです。例えば本棚を私はいくつか捨てなければならないという状況になったのですがそのまま捨てる当然粗大ごみとして捨てなければならないということになります。金額的には大したことがないのですがそれでもお金がかかるということに間違いはありませんし、その辺のコストカットができるのであればそれに越したことはないと思っていましたし、電動ノコギリで本棚をいくつかに分断して、そのまま捨てるということができました。金額的には1000円ぐらいは使わずに済んだという程度の話だがあるのですが割と達成感がありましたのでそこそこ面白いことが出来たと自分では思っています。リサイクルショップなどに持って行こうとも考えたのですがそこまでするべきであるかということもありましたし、手間のほうがかかるだろうと思ったのでやめました。持っていく場合はどうしても車を出さなければならないのでガソリン代の方が無駄になるだろうと思ったからです。ほとんどお金をかけずに部屋をきれいにすることができたので自分としては成功できたと思っています。一度綺麗にしますとまた片付けるのが面倒になる、と言う事がありますから、今のところはこの状態を維持することができています。